足のケア

足のケアのページ

  足のケア



足は身体の全体重を支えている大切な部位です。身体の表面積
のわずか1%ほどで支えているのですから、
足のトラブルが思わぬ体調不良や膝痛、腰痛、頭痛、肩こりなどを
引き起こします。


スポンサードリンク






水泳から始める美しい生活 〜TOP

自己流の泳ぎ
チャレンジを楽しむ

<健康生活>
誰にでもあるストレス
心身症とは
クロールをマスターしよう
平泳ぎとバタフライをマスターしよう
水泳でダイエット
水中ウォーキングをしよう
加圧トレーニング
充実した睡眠
快眠の工夫
ここちよい入浴
足のケア
美しいヘアーを手に入れるために
シャンプーって大事
美しい瞳
 

<食生活>
栄養のバランス
和食ってすごい
料理の腕を磨こう
日本人とお米
おいしいご飯
日本の酒
焼酎と泡盛
酢のパワー
日本人好みのパン
塩と体
味噌のひみつ
大切な水
日本のお茶
牛乳を飲む習慣
健康によいきのこ
髪の毛によい食べ物
栄養満点のビスケット


<衣生活>
自分に合う定番の服をみつけよう
洗濯の基本
おしゃれにゆかたを
楽しく選ぶ水着


<住生活>
美しい空間

快適なトイレ
建物の構造
自然と共存する住まい
森を守ろう



<趣味生活>
自然にとけこむ昆虫
カブトムシの仲間
クワガタの仲間
メダカの仲間

温泉の楽しみ

おしゃれな髪
理容師 めざして


<リンク集>
健康リンク 1
健康リンク 2
健康リンク 3
美容リンク
心リンク
暮らしリンク
料理リンク 1
料理リンク 2
料理リンク 3
料理リンク 4
住リンク
温泉リンク
旅行・アウトドアリンク
ガーデニングリンク 
自然リンク
趣味リンク 1
趣味リンク 2

お役立ちリンク

プロフィール

リンクについて


足にかかる負担は、人が歩くとき、体重の125%、走った場合は
300%、跳んだときは、600%にもなると 言われています。

足の構造は、足の指、甲、かかとから成り立っており、靱帯や筋肉
腱などに支えられながら、指から順番によく動く、やや動く、かたく
動かない構造になっています。

それぞれに役割があり、指はバランスをとる役目、甲には
衝撃吸収、かかとは体重を支えてしっかり立つ姿勢の役割を
持っています。

足の裏には、土踏まずがあります。
土踏まずは、足にかかる体重や衝撃を分散吸収する役割を
もっています。

足には、土踏まずと同じ役割をするアーチが縦方向、横方向に
ひとつずつあります。
このアーチ構造が、歩行に重要なクッションやてこ、バネの役を
果たしています。

足のアーチの起点の3点は、かかと、親指の付け根、
小指の付け根です。
かかとと親指の付け根を結ぶのが土踏まずのアーチで、
縦方向のアーチは、かかとと小指の付け根を結び、
横方向のアーチは、親指と小指の付け根を結ぶものです。

このアーチが崩れると、本来の足裏の体重のかからないところに
負担がかかり、外反母趾、タコ、魚の目など さまざまなトラブルに
みまわれることになります。
歩く際の衝撃吸収も十分に行われないため、身体全体にトラブル
症状が起きてくることにもなります。

このようなトラブルを予防するために、足の三つのアーチを鍛え
足本来の機能回復をしましょう。

つま先立ち、五本の指全部を使ってタオルを引き寄せる・
持ち上げる、足指じゃんけんなとで、アーチを形成する筋力アップ
を するなどして、足裏のアーチを鍛えましょう。


スポンサードリンク








靴選びは重要

足元の装い、靴も 足に合わないものだとトラブルメーカーに
なります。
足に合わない靴をはき続けていると、足のアーチを崩す、骨・関節
の変形、皮膚の角質化による痛みなどの症状を引き起こし、
歩行に支障をきたすことが起こります。


外反母趾
 足の親指が小指側に曲がる病気。
内反小趾
 小指のつけ根が親指側に曲がる病気。
※きつい靴をはいていると、圧迫により骨が曲がっていきます。

ハンマートゥ
 足の指が「く」の字に曲がったまま固定されます。
※サンダルなど足先の窮屈な靴をはき続けると、起こる病気です。
 脱げないように常に指先に力を入れている、大きすぎる靴の中で
 足が泳ぎ、重臣が指先に集中するために起こります。

タコ、魚の目
 慢性的な圧迫、摩擦で皮膚が硬くなる病気。
 さらに皮膚への圧迫が続くと、硬い円錐状の芯ができ、
 その先端が神経を刺激し、痛みをしょうじる病気。
※小さすぎる靴は、圧迫され、大きすぎる靴は摩擦されることに
 より起こります。
 衝撃吸収が不十分な薄いソールの靴、高いヒールで前足部に
 過度な荷重がかかる靴などで起こります。


靴選びのポイント

・つま先に1センチほど余裕のある靴を選ぶ。
・つま先部分が上に上がっていて、地面との間に隙間がある
 靴を選ぶ。
・曲がりやすく、戻りやすい靴を選ぶ。
・土踏まずのアーチがあっている靴を選ぶ。
・甲を圧迫しない靴を選ぶ。
・かかとのホールド感がきつすぎず、ゆるすぎない靴を選ぶ。
・ヒールの位置がかかとの中心に来ている靴を選ぶ。
・衝撃吸収のよい素材、つくりの靴を選ぶ。




足のケア
をしっかり

水虫
・趾間型水虫
 指の間に起こる かゆみを伴う水虫。
・小水疱型水虫 
 足の裏に小さな水ぶくれが生じる水虫。
・角質増殖型水虫
 かかとにひび割れが起こる水虫。
・爪白癬
 爪が白や濁った黄色に変色したり、爪に厚みがでてくる水虫。


ひび割れ
皮膚は30日周期で生まれ変わりますが、これがうまくいかず
古い角質が残り、がさがさになっていく病気です。
角質を放置すると、角質化がどんどん進みます。


むくみ
冷え、疲労、運動不足、同じ姿勢をとり続ける、塩分過多などが
原因で身体がむくむ病気です。


巻き爪
爪を深く切りすぎたり、靴の圧迫により爪の端が皮膚に食い込んで
しまう病気です。



顔や手と同じように常に清潔を心がけ、クリームやマッサージなど
で 日ごろのケアをしましょう。
また、正しい歩行姿勢を見につけ、足に負担をかけないように
しましょう。


スポンサードリンク












 
Copyright(C)水泳から始める美しい生活All Rights Reserved