牛乳☆牛乳を飲む習慣

牛乳と牛乳を飲む習慣

のページ

 

牛乳を飲む習慣




牛乳は、栄養価が高いので、毎日飲んでいるという人も
多いでしょう。
牛乳は、料理やお菓子に使われることもあります。
また、牛乳を使ったチーズやバターなどの乳製品もよく口に
します。





わたしたちの食生活に しっかり根付いている牛乳は、
いつごろから飲まれるようになったのでしょう。


9000年以上前に、西アジアでは、やぎやひつじなどを飼っていた
といわれています。
はじめは、それらの乳を飲んでいました。
その後、牛が飼われるようになってから、牛の乳、つまり牛乳も
飲まれるようになったようです。


牛乳は、中国を経由して、日本に入ってきました。
7世紀半ばに中国から善那という人がやってきました。善那が
天皇に牛乳を贈ったとされる記録があります。

8世紀に入ると、日本でも天皇のために牧場で牛が飼われる
ようになりました。

奈良時代、平安時代には、牛乳を飲む習慣は広がり、天皇だけ
でなく、ほかの貴族や地方の豪族たちも飲むようになりました。

「そ」といわれる練乳のようなものや、「酪」といわれるバターの
ようなもの、「醍醐」といわれるチーズのようなものも地方から
朝廷におさめられるようになりました。

栄養のある牛乳は、滋養、くすりとして考えられていました。










仏教が広まると、動物の肉を食べてはいけないという教えから
牛乳を飲まないようになりました。
仏教の教えをつくったブッダは、乳で作ったおかゆを口にして
いたという言い伝えがありますが、日本人は、仏教の教えに
忠実であろうとするあまり、牛乳までも遠ざけてしまったのです。

牛乳を飲まなくなったのには、貧困に陥った貴族が、乳製品や
牛乳を買えなくなったということもあったようです。




その後、江戸時代に、牛乳が日本人の生活の中に入って
きました。
貿易のために来日していたオランダ人やポルトガル人は、
牛乳や乳製品を普通の食事としてとっていました。


江戸時代中ごろには、徳川吉宗将軍が 牛を飼っていて、
牛乳も摂っていたという記録があります。




明治時代になると、西洋の文化がどっと入ってきて、みんなが
牛乳を飲むようになりました。
牛乳だけでなく、バター、チーズ、ヨーグルト、アイスクリーム
なども食べるようになりました。
ハイカラさんブームにのって、食べていたようです。



学校給食に、牛乳が入ってきたのは、第二次世界大戦後の
1946年です。
アメリカ軍から東京の小学校におくられた脱脂粉乳が
はじめです。


その後、地方の学校給食にもだされるようになりました。
これもまだ、脱脂粉乳です。

現在のようなふつうの牛乳になったのは、1960年頃のことです。







水泳から始める美しい生活 〜TOP

自己流の泳ぎ
チャレンジを楽しむ

<健康生活>
誰にでもあるストレス
心身症とは
クロールをマスターしよう
平泳ぎとバタフライをマスターしよう
水泳でダイエット
水中ウォーキングをしよう
加圧トレーニング
充実した睡眠
快眠の工夫
ここちよい入浴
足のケア
美しいヘアーを手に入れるために
シャンプーって大事
美しい瞳


<食生活>
栄養のバランス
和食ってすごい
料理の腕を磨こう
日本人とお米
おいしいご飯
日本の酒
焼酎と泡盛
酢のパワー
日本人好みのパン
塩と体
味噌のひみつ
大切な水
日本のお茶
牛乳を飲む習慣
健康によいきのこ
髪の毛によい食べ物
栄養満点のビスケット


<衣生活>
自分に合う定番の服をみつけよう
洗濯の基本
おしゃれにゆかたを
楽しく選ぶ水着


<住生活>
美しい空間

快適なトイレ
建物の構造
自然と共存する住まい
森を守ろう



<趣味生活>
自然にとけこむ昆虫
カブトムシの仲間
クワガタの仲間
メダカの仲間

温泉の楽しみ

おしゃれな髪
理容師 めざして


<リンク集>
健康リンク 1
健康リンク 2
健康リンク 3
美容リンク
心リンク
暮らしリンク
料理リンク 1
料理リンク 2
料理リンク 3
料理リンク 4
住リンク
温泉リンク
旅行・アウトドアリンク
ガーデニングリンク 
自然リンク
趣味リンク 1
趣味リンク 2

お役立ちリンク

プロフィール
リンクについて



 
Copyright(C)水泳から始める美しい生活All Rights Reserved