快眠

快眠のページ

 

快眠の工夫



快眠を手に入れるためには、さまざまな工夫が考えられます。

快眠の質を高めるために、寝具の見直しをしてみましょう。

また、快眠を阻害する音や光についてもかんがえてみましょう。



スポンサードリンク






水泳から始める美しい生活 〜TOP

自己流の泳ぎ
チャレンジを楽しむ

<健康生活>
誰にでもあるストレス
心身症とは
クロールをマスターしよう
平泳ぎとバタフライをマスターしよう
水泳でダイエット
水中ウォーキングをしよう
加圧トレーニング
充実した睡眠
快眠の工夫
ここちよい入浴
足のケア
美しいヘアーを手に入れるために
シャンプーって大事
美しい瞳


<食生活>
栄養のバランス
和食ってすごい
料理の腕を磨こう
日本人とお米
おいしいご飯
日本の酒
焼酎と泡盛
酢のパワー
日本人好みのパン
塩と体
味噌のひみつ
大切な水
日本のお茶
牛乳を飲む習慣
健康によいきのこ
髪の毛によい食べ物
栄養満点のビスケット


<衣生活>
自分に合う定番の服をみつけよう
洗濯の基本
おしゃれにゆかたを
楽しく選ぶ水着


<住生活>
美しい空間

快適なトイレ
建物の構造
自然と共存する住まい
森を守ろう



<趣味生活>
自然にとけこむ昆虫
カブトムシの仲間
クワガタの仲間
メダカの仲間

温泉の楽しみ

おしゃれな髪
理容師 めざして


<リンク集>
健康リンク 1
健康リンク 2
健康リンク 3
美容リンク
心リンク
暮らしリンク
料理リンク 1
料理リンク 2
料理リンク 3
料理リンク 4
住リンク
温泉リンク
旅行・アウトドアリンク
ガーデニングリンク 
自然リンク
趣味リンク 1
趣味リンク 2

お役立ちリンク


プロフィール
リンクについて

快眠を手に入れることは、健やかに生活を送る上で、
大変重要なことです。

ここでは、快眠の工夫について考えてみましょう。

赤ちゃんは眠る前に手足が温かくなります。

このように、寝つきをよくすることは、快眠につながります。
つまり、体温を上げることを試みるとよいです。

その一つとして、入浴があります。

熱いお湯に入ると、かえって、目が覚めてしまうことになりますが、
ぬるめのお湯に入ると副交感神経系が働き、気分が静まり
血液循環がよくなり体温が上昇します。

このことを考えて、入浴後十分から十五分後ぐらいに
布団に入るとよいでしょう。

また、軽い運動で体温を上げることも快眠につながります。

軽いジョギングやウォーキング、ストレッチなどを
三十分ぐらいすると、体温が上がり、一、二時間後には、
体温が下がり始めるので、
この時間帯に布団に入るとよいでしょう。

運動と入浴を組み合わせると快眠にさらに効果があるでしょう。

よく眠れないので、アルコールを体に入れるという話を
聞きますが、量にもよるが、少量であれば、気分を
落ち着かせるのによく、大量になると、睡眠中枢が
麻痺した状態になるので、睡眠の本来意味する
疲労回復などは あまり望めないのです。

睡眠中枢の麻痺が切れると、目が覚めまた寝ようと思っても
なかなか眠ることが出来ず、さらに飲酒を繰り返すという
悪循環が起こり、快眠からは遠ざかってしまいます。

それどころか、この状態を続けてしまうと、
アルコール依存症になるおそれがあります。

適量のアルコールを 寝る一時間前までぐらいに飲み、
切り上げることがよいようです。



普段の生活では、とりたてて気にしていない生活騒音も
快眠を阻害します。

若い間は、少々の騒音にも眠りを阻害されることは
少ないのですが、
中高年になると、電気のスィッチ音だけでも
目が覚めることがあります。

防音シートや遮音ボードなどを活用することも騒音減少の
手立てになります。

同様に、光についても快眠の阻害になります。
遮光カーテンやカーテンを二重にするなどが考えられます。

その際、全く遮断してしまうと、朝日も遮断してしまい、
なかなか目が覚めないということも起こります。

朝寝坊で困る場合は、少し隙間を作っておいて、
朝日が差し込むようにするのもよいでしょう。



快適な布団の中の温度は三十三度、湿度は五十五パーセント
といわれています。

寝付くときに最適温度・湿度にしておき、朝までその状態が
持続するようにすることが大事です。

これは、季節によっても変わります。
クーラー、扇風機、加湿器、暖房器具などをうまく活用していく
ことが賢明です。
体温のあがりすぎ、下がりすぎは眠りを妨げることになります。

スポンサードリンク







寝具も眠りに大きく影響します。
寝返りや寝相により、ベットや敷布団の幅も選ぶとよいでしょう。

理想的なのは、両手を広げた長さとされています。

また、硬さも重要で、その人の体型、持病により違うが、
一般的には、マットレスの場合、手で押して三センチぐらい
沈むのがいいとされています。

枕も高さにより睡眠の質が大きく変わります。
枕は、首筋の骨がまっすぐで無理のない状態になるものが
よいです。
頭が沈み込んでしまわない硬さのもの、
ビーズやそばがらのものがよいでしょう。

最近では、ひとりひとりに合ったオーダーメイドの枕も
でてきています。
枕の選び方を間違えたために、肩こりや頭痛を引き起こす
ことにもなるので、快眠を確保するためにもポイントは高いです。
 


身にまとうパジャマも快眠の手立てのひとつです。
パジャマは、通気性、保湿性に富んだものがよいです。

厚手のものではなく、布団から出ると、何か羽織るぐらいの
ものがちょうどいいようです。
布団に入ってちょっと寒さを感じるようでしたら、
交感神経が興奮して、寝付けなくなりますので、
少しあたたかいぐらいのものがよいですが、
熱がこもってしまうものは、適当ではありません。



材質は、体に直接当たって心地よいものがよいです。
また、下着は、全くつけない、きちんと着ているなど 
人さまざまですが、体をしめつけないもの、ショーツ程度が
快眠の環境づくりに適しているでしょう。


スポンサードリンク






 
Copyright(C)水泳から始める美しい生活All Rights Reserved