クロール

クロールのページ

 クロールをマスターしよう

水泳の代表といえば、クロールです。長い距離をゆったり
優雅に泳ぐことのできるのは、クロールの泳法です。

競泳のクロールとはいきませんが、正しいクロールの習得を
目指して頑張りましょう。

 


スポンサードリンク




準備運動

いきなりクロールの練習に入るのではとても危険です。
水に入る前には、準備運動をしましょう。

全身のストレッチだけでなく、水泳で使う筋肉を十分に
ほぐすことが大切です。
特に足首を柔軟にし、脚の痙攣を防ぐことと水泳の掻きの際に
ポイントとなる肩のまわりの筋肉をしっかりほぐすことです。


水に慣れる

久しぶりに水に入る人は、特に水に慣れることから始めましょう。
普段の陸上の生活で、忘れていた水の感触を体に呼び起こす
ことです。体の力を抜いて、水にぷっかり「浮く」心地よさを覚え
ましょう。

恐怖感や力みがあると、体は思うように浮かず、沈んでいく
ものです。脚の力を抜いて、腰から上=お腹を上に突き出すような
つもりで水に体をまかせると、ぷくぅと浮いてきます。
一度その感触をつかむともう大丈夫です。

次に、お腹の上でビート版を抱くようなつもりで抱え、浮いて
みます。

体の脱力がたいせつで、どこかに力が入っていると、そちらに
体は傾いて、水をかぶってしまいます。これで、ボディバランスを
得とくできます。


  蹴のび

まず、陸上で水中姿勢の練習をしましょう。体の軸をまっすぐにし、
顔は正面、上に伸び上がるような姿勢をとります。
この姿勢をとりながら、水中で壁を蹴ると、水の抵抗を受けずに
スムーズに進むことができます。

この姿勢をストリームラインといいます。

ストリームラインを保って蹴のびができれば10メートルぐらいは
進むことが出来ます。

もうひとつ、正しい蹴のびのこつは、壁の蹴る位置です。
壁の上の方を蹴ると水面近くを進むので、すぐに浮いてきて
しまいます。
壁の下側を足裏全体で強く蹴る この動作がかなり重要に
なってきます。

蹴伸びの動作、ストリームラインをマスターすることは、
楽な水泳につながる大きな鍵になります。


スポンサードリンク









   クロール

水泳の代表といえば、クロールです。クロールのポイントは、
正しいキックのこつをつかむことです。

最初は、プールサイドにつかまって、キックの練習をしましょう。
大腿部を動かし、膝から下は、自然にその動きについてくる
感じです。
ムチガしなるような感じで動かせるとかなりいい動きだと
いえます。
クロールで泳いでいるが、大げさに水しぶきを上げているという
人がたまにいますが、クロールのキックが出来ていないのです。

大腿部から膝、足首、つま先へと徐々に動きの波が伝わっていく
ような感じです。判断の目安は、水の音です。
膝が曲がり、膝から下だけでキックしていると、ぼかんぼかんと
大きな音、すごい水しぶきが上がり、派手な動きの割には、
進んでいないことがわかります。

ぼごんぼごんと少しこもったような音がし、水の泡が水面近くに
湧き上がるようになっている時が、正しいキックが出来ている
ときです。

次は、ビート板を使って、実際に進んでみましょう。
ビート板に軽く手を添えてキックの練習をします。
やや内股で両足の親指が軽く触れるか触れないかの幅で
大腿部を動かすイメージで水を打つ練習です。

始めのころは、結構腿の部分に筋肉痛が起こってきます。

キックが習得できたら、ビート板につかまって練習していても、
水泳をしていますという気分になってきます。

キック練習の次は、掻き=ストロークの練習です。
ストロークによってスムーズに体を前へ運んでいくのです。
クロールの掻きです。

指は開きすぎず閉じすぎず、水の間に水かきの膜ができて
いるような状態で、水をとらえるという感覚でストロークします。

水泳では、基本的に手首を使わないので、肘から先をひとつの
面にして有効に動かします。

腕を水に入れる、前方の水をつかむ、つかんだ水を引き寄せる、
やや外向きで水を押し出す、肘が真上を向くようにして腕を
水上に出して、遠くに再び水に入れる

この動きを繰り返します。特に腕を天井にほおり出すつもりで
動かすことと入水のタイミングに気をつけて練習することが
大事です。 
面かぶりクロールでキックとストロークの練習をします。



クロールで楽に長く泳ぐ水泳のために欠かせないのが、
呼吸=ブレスです。

すぐに息切れする水泳は、有酸素運動ではないのです。
正しいブレスを身につける、陸上の呼吸と同様に 自然な呼吸法を
目指し、練習します。

まず、息を吸うことよりも息を吐くことを意識します。
息を吸えないことがこわいという意識が強くなると、吐くことを忘れ、
水中で思わず息を止めてしまい、苦しくなり、
水を飲んでしまうということがおこります。

水中で鼻と口から息を吐きながらパッと息を吸う練習をします。

最初は、フロントブレスで水を吐ききる練習、次に、横向きのブレス、
ビート板を使ってブレス練習最後にキックとストロークをつけての
ブレス練習と段階的に取り組んでいくとよいです。

ブレスの動きが入ってもキックのリズムを崩さないように 
同じ間合いで繰り返しうっていきましょう。



仕上げは、キック、ストローク、ブレスを組み合わせ、タイミングを
合わせていきましょう。

このタイミングがずれると、ぎこちない泳ぎ、優雅な水泳とは
程遠いものになってしまいます。
呼吸が苦しく続かない、思うように距離が伸びないなどは、
コンビネーションがうまくいっていないのです。

コンビネーションがうまくいき、クロールになってきたら、
ハイエルボーなどに挑戦し、より楽に泳げるようにしましょう。



スポンサードリンク










水泳から始める美しい生活 〜TOP

自己流の泳ぎ
チャレンジを楽しむ

<健康生活>
誰にでもあるストレス
心身症とは
クロールをマスターしよう
平泳ぎとバタフライをマスターしよう
水泳でダイエット
水中ウォーキングをしよう
加圧トレーニング
充実した睡眠
快眠の工夫
ここちよい入浴
足のケア
美しいヘアーを手に入れるために
シャンプーって大事
美しい瞳


<食生活>
栄養のバランス
和食ってすごい
料理の腕を磨こう
日本人とお米
おいしいご飯
日本の酒
焼酎と泡盛
酢のパワー
日本人好みのパン
塩と体
味噌のひみつ
大切な水
日本のお茶
牛乳を飲む習慣
健康によいきのこ
髪の毛によい食べ物
栄養満点のビスケット


<衣生活>
自分に合う定番の服をみつけよう
洗濯の基本
おしゃれにゆかたを
楽しく選ぶ水着


<住生活>
美しい空間

快適なトイレ
建物の構造
自然と共存する住まい
森を守ろう



<趣味生活>
自然にとけこむ昆虫
カブトムシの仲間
クワガタの仲間
メダカの仲間

温泉の楽しみ

おしゃれな髪
理容師 めざして


<リンク集>
健康リンク 1
健康リンク 2
健康リンク 3
美容リンク
心リンク
暮らしリンク
料理リンク 1
料理リンク 2
料理リンク 3
料理リンク 4
住リンク
温泉リンク
旅行・アウトドアリンク
ガーデニングリンク 
自然リンク
趣味リンク 1
趣味リンク 2

お役立ちリンク


プロフィール

リンクについて
 
Copyright(C)水泳から始める美しい生活All Rights Reserved