水泳☆生活〜水泳から始める美しい生活

 

塩☆塩と体

塩と塩と体のページ







塩と体



は、地球上多くの生物の生命維持に欠かせないものです。
は、食品だけでなく、の持つ性質、作用を利用して、工業
でも 力を発揮しています。


スポンサードリンク









世界には岩塩や湖塩のように自然の力によって出来た塩が
たくさん存在しています。

岩塩
岩塩は、海水が長い年月、陸に閉じ込められて、結晶になった
ものです。岩塩の生産量は、海水からつくられた塩よりも多いの
です。

40億年前ころに塩をふくんだ海が出現したといわれています。
地殻変動により海水が陸に閉じ込められ、塩の湖ができ、そこの
水分が徐々に蒸発し、海水より濃度の高い塩水になります。
湖の水分の蒸発が進んでいくと、やがて塩の結晶が出来始め、
さらに乾燥が進むと、塩の結晶だけが残っていきます。
地殻変動により、塩の結晶が地下にもぐり、積み重なっていき、
長い年月をかけて岩塩になっていきます。


湖塩
塩湖は、陸に閉じ込められた海水が岩塩に変わる間の姿だと
いわれています。塩湖でとれる塩を湖塩といいます。


天日塩
海水の塩水を乾燥した地域でその気候を利用して天日と風で
水分を蒸発させた塩の結晶を天日塩といいます。




塩は、塩辛いだけでなく、いろいろな性質や性格をもっています。
正式名は、「演歌ナトリウム」です。
色は、無色透明です。細かい粒が集まると、白く見えますが、
これは、光が反射しあっているのです。
塩の結晶の形は、正六面体です。
かたちは、モース硬度2.0〜2.5、石こうと同じぐらいの硬さです。


塩の使いみち

塩は、食用、一般工業用、ソーダ工業用の三つに分かれて
います。ほかにも、家畜のえさや医薬用でも使われています。


食用としては、味付け、腐敗防止など、家庭や工場でさまざまな
食品に使われています。

一般工業用としては、塩の性質を利用して、皮なめし、合成ゴム
占領、各種化学薬品の製造などに使われています。

ソーダ工業用は、原料の塩をナトリウムと塩素に分解し、
か性ソーダやソーダ灰、塩素ガスなどのソーダ製品をつくります。

日本でつかわれる塩のほとんどは、輸入しています。




塩は、その性質、作用を利用して、食料品に大活躍しています。

防菌作用
腐らせるばい菌を増えにくくするので、腐ることを防ぎます。

脱水作用
水を染み出させる働きがあるので、野菜を引き締め、青くささを
とります。

発行調整作用
米、大豆、麦などの原料に こうじ と塩や塩水をまぜておくと、
塩は、体に悪いカビをおさえ、こうじをゆっくり育てます。
このこうじが原料のたんぱく質をアミノ酸といううまみ成分に
かえます。

たんぱく質熱凝固促進作用
加熱すると、たんぱく質を固まらせる働きがあるため、うまみを
閉じ込めて外に逃がしません。

小麦粉のグルテン形成促進作用
小麦粉のねばりをだすのを助ける働きがあります。麺づくりに
活躍します。

たんぱく質溶解作用
生魚を細かく砕いたものに塩を加えてねると、たんぱく質が
溶けます。これに熱を加えると、しなやかなかまぼこなどの
練り製品ができます。

酵素作用の抑制
むいた果物を塩を溶かした水につけると、色が茶色に変わり
にくくなります。

クロロフィルの退色防止
ほうれん草をゆでるときに塩を加えると、野菜の緑色が変わり


スポンサードリンク









塩をとらないと 体はどうなるのでしょうか。

ふつうの食事をしていれば、体の中の塩分は、汗や尿によって
体の外へ出て行くのが、通常です。
塩を全く摂らないと、体内の塩分量が不足し、さまざまな症状が
あらわれます。

・体全体に力が入らなくなります。
・だるさ、眠気がましてきます。
・立ちくらみを起こします。
・脱水症状をおこします。




体の中での塩の働き


人間の体は、およそ60兆ほどの小さな細胞でできています。
細胞の中も外も水分がありますが、塩は細胞の外の水分に
溶けていて、ナトリウムイオンと塩化物イオンとに分かれて
います。

細胞の内と外の濃度が違うと、細胞が縮みすぎたり、ふくらみ
すぎたりして、細胞が壊れてきます。
ですから、塩のイオン濃度を調節することで、細胞の内外の
液体の浸透圧を一定にたもっていきます。

食べたものの味などの刺激を脳に伝え、脳からの命令を筋肉に
伝えているのが、神経です。
刺激や命令は、電気信号として伝えられます。電気信号が
伝わるときに、ナトリウムイオンが働きます。

人間の体は弱アルカリ性です。賛成になると生命の危機が
訪れます。ナトリウムイオンは、体内の酸を中和し、
弱アルカリ性に保つ働きをします。

胃の中で、食べ物を小さく砕く働きをする胃酸の主成分は、
塩化物イオンです。塩化物イオンは、消化を助ける、殺菌する
働きをもっています。
ナトリウムイオンは、小腸でブドウ糖やアミノ酸などの栄養吸収を
助ける働きをします。


スポンサードリンク








水泳から始める美しい生活 〜TOP

自己流の泳ぎ
チャレンジを楽しむ

<健康生活>
誰にでもあるストレス
心身症とは
クロールをマスターしよう
平泳ぎとバタフライをマスターしよう
水泳でダイエット
水中ウォーキングをしよう
加圧トレーニング
充実した睡眠
快眠の工夫
ここちよい入浴
足のケア
美しいヘアーを手に入れるために
シャンプーって大事
美しい瞳


<食生活>
栄養のバランス
和食ってすごい
料理の腕を磨こう
日本人とお米
おいしいご飯
日本の酒
焼酎と泡盛
酢のパワー
日本人好みのパン
塩と体
味噌のひみつ
大切な水
日本のお茶
牛乳を飲む習慣
健康によいきのこ
髪の毛によい食べ物
栄養満点のビスケット


<衣生活>
自分に合う定番の服をみつけよう
洗濯の基本
おしゃれにゆかたを
楽しく選ぶ水着


<住生活>
美しい空間

快適なトイレ
建物の構造
自然と共存する住まい
森を守ろう



<趣味生活>
自然にとけこむ昆虫
カブトムシの仲間
クワガタの仲間
メダカの仲間

温泉の楽しみ

おしゃれな髪
理容師 めざして


<リンク集>
健康リンク 1
健康リンク 2
健康リンク 3
美容リンク
心リンク
暮らしリンク
料理リンク 1
料理リンク 2
料理リンク 3
料理リンク 4
住リンク
温泉リンク
旅行・アウトドアリンク
ガーデニングリンク 
自然リンク
趣味リンク 1
趣味リンク 2

お役立ちリンク

プロフィール

リンクについて
 
Copyright(C)水泳から始める美しい生活All Rights Reserved